保管サービスでキチッと整理整頓|忙しい方は宅配クリ―ニングへ依頼

依頼する前の注意点

ドライクリーニング

衣替えなどをきっかけにして、子どもの制服をクリーニングに出す家庭は多いと思います。しかし、制服をクリーニングに出す前にいくつか注意する必要があるようです。まず、ポケットに何も入っていないか確認することが大切です。もちろん、クリーニング店でも確認しますが、二重にチェックしておいて損はありません。また、クリーニング店によって依頼するときの契約書で、ポケットに入っていた物がクリーニングされて傷ついてもお店側は責任をとないと書いてあることがあります。さらに、依頼する前にポケットに物が入っていないか確認されることもあります。もし電子機器が入っていた場合、クリーニング後には使用不可になってしまうことがあります。その場合の保障はお店側はしてくれないところが多いので、事前に確認しておくことがおすすめです。特に、制服にはポケットが多いため、念入りにチェックする必要があります。ポケットのなかに物を忘れるのは大人や子供でも多いことです。大切な物がダメージを受けないため、洗濯前のチェックは欠かさないようにしましょう。また、制服の場合は色が濃い場合があるため、クリーニングスタッフも汚れを見つけにくいことがあります。したがって、事前に入念に落としてほしい汚れを把握して、スタッフに伝えておくことが大切です。どこを汚したのか子どもに直接聞いてみるのもいいでしょう。さらに、制服は折り目も大事です。新米のスタッフはきっちりと折り目を理解していない方もいるかもしれません。また、学ランやブレザー、セーラー服など性別、学校などによって制服の折れ目は変化します。スタッフも全てを把握しきれていないかもしれないので、特徴的な折れ目がある場合は、それもあらかじめ伝えておくことが大切です。